【Excel】#DIV/0!の意味と回避する方法2パターン

目次

#DIV/0!の意味

#DIV/0!のエラーが表示される理由はシンプルです。「数値を0で割っているから」。そう、数学で禁止されているゼロ除算です。「DIV」はおそらくDivisor(除数)とかDivided(分割)の略でしょう。「0で割ってるよ!」と怒られている訳です。

ゼロ除算は数学で禁止されているのでエクセルでも答えは出ません。これがエラーを返す理由です。

エラーを出さないための対策もシンプルです。0で割らなければOKです。が、分かっていてもそれができない帳票が仕事にはたくさんあります。

ここでは、エラーハンドリングを用いて、#DIV0!を表示しない方法を紹介します。

IFERROR関数を使ってエラーを表示しない

IFERROR関数はエラーの場合の値を指定できる関数です。

サンプルはD2:D5= 総重量 / 数量の数式が入っています。

数量がゼロの列は#DIV/0!が返ります。

非表示方法は?

IFERRORの構文は=IFERROR(引数1:,引数2:エラーの場合の値)なので

=IFERROR(B3/C3,0)でOKです。

引数エラーの場合の値0に設定します。シート上にちゃんと0が表示されています。

セルを空欄にしたい場合は引数を “” にすればOKです。

=IF(ISERROR(B3/C3),0,B3/C3)でも同じ戻り値を返します。

IF関数を使って分母がゼロならエラーを表示しない

「ゼロで割るとエラー」なので、分母がゼロ(あるいは値なし)かどうかを評価すれば回避できます。

IF関数で#DIV/0を回避するには?

=IF(C3,B3/C3,0)でOKです。

C3セルに値が存在すれば割り算をし、存在しなければゼロを表示する式です。

IFERROR関数同様、0が表示されています。

IFERROR関数がおすすめ

2パターンの非表示方法を紹介しましたが、おすすめはIFERROR関数です。理由は「可読性」です。

そのファイルを後から見返したときにIFERROR関数は「ここはエラーハンドリングしている」と教えてくれます。エクセル関数はそもそも可読性が悪いので、少しでも可読性を上げる方法を採用したほうが後々幸せになれます。

その他のエラーについても解説しています。気になるページがあれば是非読んでみて下さい。

よかったらブックマークとシェアをお願いします。それでは、最後までご高覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてください
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる