【Excel関数】IFERROR関数~エラー値を表示しない

IFERROR関数は、引数1がエラー値の場合、指定した値を返します。エラーではない場合、そのまま引数1を返します。エラーハンドリング用の関数です。サンプルを用意しているので参考にして下さい。

エラーハンドリング?

エラーが起こる前提であらかじめそのエラーを回避する策を用意しておくことです。

目次

構文

=IFERROR(引数1:, 引数2:エラーの場合の値)

引数1:

省略できません。この値がエラー値かどうかを評価します。

引数2:エラーの場合の値

省略できません。引数1がエラー値を返した場合、指定した値を返します。

評価値は以下の通りです。

エラー値説明
#NULL!NULL intersection
セル指定の「:(コロン)」や「,(カンマ)」がない
積集合の要素がない
#DIV/0!DIVided by 0
ゼロで割り算をしている
#VALUE!Wrong type VALUE
値が不適切
#REF!REFerence to a cell that does not exist
無効なセルを参照している
#NAME?Unrecognized NAME
関数名が正しくない
符号忘れ
#NUM!An invalid NUMber
数値が指定できる範囲を超えている
#N/ANot Available value
引数が参照範囲内にない

IFERROR関数は、引数1がこれらのエラー値だった場合、引数2を返します。

エラー値を表示しない

エラーの時に0を表示する

=IFERROR(B3/C3,0)

C3セルが0なので引数1の評価は#DIV/0!です。よって、引数20が返ります。

=IF(ISERROR(B3/C3),0,B3/C3)でも同じ戻り値を返します。IFERROR関数は評価値がエラー値ではない場合、引数1しか返せません。IF関数とISERROR関数を組み合わせた場合は別の値が返せます(エラーではない場合も返す値を指定できる)。用途によって使い分けましょう。

エラーの時に非表示にする(セルを空白にする)

=IFERROR(B3/C3,“”)

エラーを非表示にしたい場合は、引数2“”を指定してください。

VLOOKUP関数のサンプル

=IFERROR(VLOOKUP($H$1,$A$2:$E$5,3,FALSE),“値なし”)

検索値$H$1が参照範囲内にないため、引数1の評価は#N/Aです。よって、引数2値なしが返ります。

まとめ

  • =IFERROR(引数1:, 引数2:エラーの場合の値)
  • エラー値を表示したくない場合はIFERROR関数を使う。
  • IFERROR関数とISERROR関数は用途によって使い分ける。
  • セルを空白表示にするなら引数2に“”を指定する。

IFERROR関数の主な用途はエラー表示の見栄え対策です。資料にエラー表示があると、読む側は「?」となります。#DIV/0#N/Aは、構成によっては不可避のエラー(データによってはどうしてもエラーが出てしまう)になるのでエラーハンドリングでエラー値を表示しないようにしましょう。

逆に#NAME?#NUM!はほとんどの場合修正可能です。IFERROR関数で回避せずに、必ずエラーを修正するようにしましょう。

よかったらブックマークとシェアをお願いします。最後までご高覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてください
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次へ
トップへ
目次
閉じる