【Excel】#NULL!の意味と修正方法

#NULL!は積集合で要素を一つも持たない場合に返されるエラーです。「?」となるかも知れませんが理屈が分かれば簡単です。

目次

積集合は” “(空白)で指定する

=SUM(A1:C2 A1:B3)

この式は12を返します。 A1:C2A1:B3 の重なる部分(積集合)を合計します。

このような計算をするケースはあまりないと思いますが、エクセルでは演算子” “で積集合の計算ができることを知っておいて下さい。

#NULL!が返されるケース

では、実際に#NULL!が返されるケースを見てみましょう。

=SUM(B1:C1 A1:A3)

B1:C1A1:A3 は重なる部分がありません。積集合の要素が空なので#NULL!が返ります。

ほとんどの場合が入力ミスで発生する

#NULL!で困っている人は、おそらく積集合を使用していないと思います。では、なぜこのエラーが発生するのでしょうか?おそらく、積集合を指定するつもりがなくても間違って指定しているケースです。

A1セルからC3セルを合計しようとした場合、

 =SUM(A1 C3) :” “(空白)を間違えているので#NULL!が返ります。

 =SUM(A1:C3) エラーは返らずに範囲内の数値が合計されます。

=SUM(A1C3) 符号忘れは#NAME?が返ります。

まとめ

  • ” “(空白)は積集合の演算子にもなる
  • #NULL!が返されたら:(コロン)や,(カンマ)と” “(空白)を間違えていないか確認する

その他のエラーも別のページで解説しています。よかったら読んでみて下さい。

よかったらブックマークとシェアをお願いします。最後までご高覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてください
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次へ
トップへ
目次
閉じる